限りなく透明に近いカロリーカット
限りなく透明に近いカロリーカット
ホーム > 乳酸菌 > 乳酸菌のサプリメントの重要性は意外に知られていない

乳酸菌のサプリメントの重要性は意外に知られていない

乳酸菌のサプリメントの重要性は意外に知られていないんですよね。

皆さん「乳酸菌」と聞いて何を思い浮かべますか。何となく人間にとって有益な善玉菌、というイメージがあると思います。

ドラッグストアでも様々なサプリメントに「乳酸菌配合」などという文字が並んでいるのを見かけますよね。

でも、実際にどんな働きをしているのか、有名な「ビフィズス菌」との違いは何なのか、までご存知の方は意外に少ないのではないでしょうか。

今日はこの「乳酸菌」に関して見ていきたいと思います。

乳酸菌もビフィズス菌も、共に「善玉菌」と呼ばれ、人間の腸内を健康に保つ働きをしてくれています。

乳酸菌もビフィズス菌もどちらも同じなのではと思われがちですが、実は二つの働きには違いがあり、全く別の菌なのです。

ビフィズス菌は人間の腸内善玉菌の9割を占める善玉菌です。

その働きは、食事で摂取した糖質を分解して、乳酸と酢酸を作り出します。

この二つの物質のお陰で、人間の腸内は酸性に保たれ、腸に悪玉菌が繁殖しにくい環境を作ってくれるのです。

また、悪玉菌の繁殖を抑えるだけでなく、ストレスなどで弱ってしまった腸の動きを活発にしてくれる働きがある為、便秘の改善にも役立ってくれるのです。

ですが、自然界で活動する事が出来ず、通常の食品から摂取する事が出来ません。

対して乳酸菌は自然界でも活動出来る菌の為、ヨーグルトなどの発酵食品にも含まれており、比較的摂取の容易な善玉菌です。

腸内でのバランスは善玉菌の内の0.1パーセント以下と、非常に数の少ない善玉菌ですが、ビフィズス菌が活動するのを助ける働きがあります。

乳酸菌とビフィズス菌は両者ともに摂取する事でより健康に良い影響を与えてくれます。

ですが、乳酸菌に対してビフィズス菌はサプリメントでないと、一般の食品から摂取する事が中々難しい善玉菌です。

乳酸菌、ビフィズス菌を一緒に摂れるサプリメントも現在は多くの種類が販売されています。

サプリメントで手軽に善玉菌を摂取しながら、腸内を健康に保つ「腸活」、貴方も始めてみませんか?

乳酸菌 サプリメント